「就活=恋愛」説。真剣に考えてみた!【就活】

就活

どうもとっつーです

今回は「就活は恋愛と同じ説を真剣に考える回」です

よく巷ではこんなことが言われています

「就活は恋愛と同じで、自分の魅力をアピールして相手からの合格をいただくものだ」

それ本当ですか、、、?

まあこんなこと冗談として流し聞きすれば良いだけなのですが

今回はこれを真剣に捉え考えていきたいと思います

この記事を最後まで読んだからといって出てくる感想はおそらく

くだらん、、、

一択だというのは重々承知しています

まあ就活に疲れた就活生の皆さん!

少しの息抜きに楽しんでいってください!笑

就活=恋愛とすると、面白く感じてくる面接での質問!

就活を恋愛で例えると、【御社好きな人】、【面接好きな人とのデート】という式が成り立つと思います

ということはですよ

面接で御社の方から様々な質問をされますが、その内容も恋愛にうまく例えられるはずですよね!

例えば

なぜ御社を志望していただいたのですか?志望動機をお願いします

を恋愛に例えると

どうして今日誘ってくれたの?

になります

これは何となく例えられていますね

なんかドキドキしてきましたね、良い感じです

では次

他社の選考状況を教えてください。また弊社はその中で第何希望ですか?」は

今何人の子とLINEしてるの?その中で私のことピン留めしてる?

ですね。

こんなこと言う人いますか?

付き合ってもない人のLINEの状況確認するの相当やばいですよね

そう思うと就活の面接ってデリカシーないなあと感じてしまいます

では次

あなたの就活の軸を教えてください」は

付き合うための最低条件ってある?

です

この質問の面白いところは、その回答が就活と恋愛で被っているところがあるところです

就活の軸付き合うための条件、これらってどちらも表向きのものと本心のものと2つありません?

私の場合、表向きの就活の軸は「自身が成長しながら働ける環境」でしたが、本心は「勤務地、福利厚生」でした

恋愛も同じで、表向きに言うのは「一緒にいて落ち着く人、優しい人」とかですが、本心は「見た目、経済的に安定しているか」というのも入ってきますよね

しかもこの表向きと本心の理由の重要度のバランスも、就活と恋愛でめちゃくちゃ似てると思います

どちらの条件も譲れることはなく、それらのバランスが取れている企業、相手を最終的に選ぶと思います

このシンクロした感じには、伊達に「就活=恋愛」と例えられているのではないんだなと痛感させられました、、、

就活=恋愛とすると、面白く感じてくる各種イベント!

就活を恋愛で例える場合、その採用フローもある程度恋愛に例えることが必要です

よく言われるのはこんな感じです

「(ES提出出会い、第一印象)→(面接デート)→(内定カップル成立)」

うん、これは何となく納得できますね

よく恋愛では3回目のデートで告白みたいなことも言われますが、就活においても最終面接って大体3次面接ぐらいのことが多いですもんね

なんかこの辺りも秀逸だなと感じました

ただ!

何となく腑に落ちない就活イベントがあったので話させてもらいます

まずはインターンシップです

本選考が始まる前に職業を体験でき、あわよくばそのまま内定をもらえることもあります

これって恋愛で例えると何ですかねえ、、

みんな私の良さ存分に出す会やるから来ない?交通費?出すよ出すよ!

こんな神イベないですよねえ

そもそも私の良さ存分に出す会って何や、、

そう思うとインターンシップってよくできた制度ですよね

他のことに例えると感じる重要性ってやつですね

続いて気になるのはグループディスカッションです

大体ESが通過して、面接を行う前に行われるのがこのGDです

何かお題に対してグループで話し合い、何かしらの答えを導き出すワークですね

さて

これを恋愛に例えるとこうなります

さあ、私の彼氏候補の皆さんよくぞお集まりいただきました。これから皆さんには、様々な競技で競い合ってもらい、その様子を私は上からモニタリングします。誰が私の彼氏にふさわしい才能の持ち主なのかを見抜くためです。それでは早速第一種目、すべらない話!!!

きつ、、、

グループディスカッションってこんな心えぐられるようなイベントだったんですね

こんな感じで、就活のイベントの中には恋愛で例えきれないものもありましたね

まとめ

こんな感じでふざけて話してきましたので特にまとめることも何もありませんが

就活=恋愛」と仮定すると

  • 恋愛には例えることのできない、質問事項やイベントが発見できて、それらの重要性や残酷さが学べた
  • 意外と的を外していない例えもあった(面接とデートの回数とか)

こんなことが分かりました

たまにはこんなふざけた記事もいいですかね笑

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました